快眠コラム

横向き用枕を使うメリット

眠るときの姿勢について、一般的には仰向け寝がよく眠れ、身体の負担も少ないと言われています。
しかし、眠っているうちに必ず寝返りはしますし、中には横向きでないと眠れないという方もいるでしょう。
では、横向きで眠る場合にはどんな枕が適しているのでしょうか。

市販の既製品の枕は、眠っているうちに寝返りをしたり、寝姿勢が変わることを想定して作られていません。
仰向き寝と横向き寝では肩の高さがある分、頭の位置が変わってきます。
仰向き寝と横向き寝で高さが合わないために、朝起きた時に疲れが取れにくかったり、身体に負担をかけた結果、肩こりや腰痛の原因になったり、呼吸がしにくく、いびきがひどくなったりします。

最近は睡眠に関する関心は非常に高く、雑誌やTVなどで、よく特集などを目にする機会が多いと思います。
その為、今は様々な企業が、一人ひとりの身体に合わせた、オーダーメイド枕の開発、販売をしています。
オーダーメイド枕は、人によって異なる身体の負担を軽減するため、専用の機器などで身体の測定を行い、得られたデータを元に、専用の枕を作ります。
多くの場合は、寝返りをしても頭が落ちないように、大きめに作られていて、横向きで寝るときにも対応できるよう、高さの調節がしてもらえたり、中材も自分の好みで数種類から選べたりします。

オーダーメイド枕を使用する場合、仰向き寝にも横向き寝にも対応している場合がほとんどで、仰向き寝で呼吸がしづらかったり、横向き寝で肩に負担をかけて痛めてしまったりする可能性を、軽減できる可能性があります。
理想的な寝姿勢は、立っているときの姿勢をそのまま横に倒した姿勢で、重要なのは、眠る際に、この姿勢を維持することになります。
仰向き寝にも横向き寝にも対応しているオーダーメイド枕は、この理想的な寝姿勢を保つのに最適です。

FITLABOでは、仰向き寝、横向き寝どちらにも対応できるオーダーメイド枕を取り扱っています。
専門の快眠マイスターがお一人おひとりに合わせて身体の測定を行い、横向き寝でも負担のかかりづらいオーダーメイド枕をご提供しております。
まずはご相談から、お気軽にお問い合わせ、ご来店ください。