理想的な寝姿勢とは?

  • 眠りが深くなり、肩こりや腰痛の改善につながる寝姿勢。

    眠りが深くなり、
    肩こりや腰痛の改善につながる寝姿勢。

    正しく立った姿勢(正常立位姿勢)。それをそのまま寝かせた状態が、もっと身体に負担を与えない寝姿勢です。
    正常立位姿勢とは、立ったときに耳、肩、腰、ひざ、くるぶしが一直線に並んでいる姿勢で、そのまま寝かせた状態。正常な姿勢を保つことで身体全体の緊張を和らげ、ストレスを軽減します。
    頸椎(けいつい)が安定すると気道が拡張して呼吸がラクになり、いびきの軽減にもつながります。

寿楽会大野記念病院院長 山内伸一先生

日本整形外科学会
日本リウマチ学会専門医
寿楽会大野記念病院 院長
山内 伸一先生

寿楽会大野記念病院院長、山内伸一先生にお聞きしました。

なぜ、正しく立った姿勢が理想的なのですか?

人間が立ったときの姿勢は、脊椎(せきつい)が軽い S 字を描いています。その状態が、もっとも身体に負担を与えないバランスのよい姿勢なのです。たとえば、猫背になったり、首が前に出ると肩から背中の部分が引っ張られて、肩こりになります。さらに、猫背姿勢で首のカーブがくずれると、それを補正しようとする腰椎部分に負担がかかります。
また、腰のアライメントが崩れると、その乱れを調整する首(けいつい部分)に負担がかかるといった具合に、不良姿勢は身体全体のバランスを崩して痛みの悪循環を引き起こしてしまうのです。

正しい寝姿勢を保つためには、どのような寝具が必要ですか?

枕に関しては、正常立位姿勢を寝た状態のまま保持できる枕の高さ。そして、そのままの姿勢で寝返りがスムーズに打てる高さが必要です。
敷き寝具も同様に、正常立位姿勢を保持できて、寝返りが打ちやすいこと。寝返りが打ちにくい敷き寝具で寝ていると、睡眠中は同じ姿勢で寝ているので筋肉内の血流が滞って、それが腰痛につながります。
正常立位姿勢を保持したままで寝姿勢をつくろうとすると、自分の身体に合った寝具が理想的です。
肩こりや腰痛の改善になると同時に、身体の緊張がとれることでリラックスして、心地よい眠りを得ることができると私は考えます。

まくらの場合

  • 枕が低すぎると

    枕が低すぎると 枕が低すぎると、頸椎(けいつい)が後屈して関節に悪影響をおよぼし、寝つきが悪くなったり、腕のしびれや痛みの原因になります。

  • 枕が高すぎると

    枕が高すぎると 枕が高すぎると、頸椎(けいつい)が前屈することで気道が狭くなり、いびきの悪化や低酸素状態を生じやすくなります。

敷きふとんの場合

  • 敷きふとんが硬すぎると

    敷きふとんが硬すぎると 敷きふとんが硬すぎると、背中とお尻に強い圧力がかかります。一点に圧力が集中するので血行不良が生じ、腰痛の原因になります。

  • 敷きふとんが柔らかすぎると

    敷きふとんが柔らかすぎると 敷きふとんが柔らかすぎると、背中とお尻が沈み込みます。その結果、腰に負担がかかって寝返もしづらくなります。

なぜ、敷きふとんが重要なのですか?

頭の重さは体重の 8%、残りの 92%は背中や腰など、首から下の部分になります。
快適な睡眠のためには、身体のすべてを支える敷きふとんの役割が大きいのです。

身体への負担を減らす、敷き寝具の条件とは?

  • 1.体圧分散してくれるマットレス

    6~7時間ほどの睡眠中、身体にかかる体圧は意識している以上に大きいものです。特に、横向き寝など敷き寝具と身体が接している部分が少ないほど、その部分に重点的に負担がかかってしまいます。
    身体に負担をかけないために、体圧分散できるマットレスを選ぶことがとても重要です。

  • 2.理想的な寝姿勢をキープできること

    姿勢を正して立つと、自然に耳、肩、膝が一直線に並びます。それをそのまま寝かせた状態が、最も身体に負担を与えない寝姿勢です。全身の緊張を和らげてストレス軽減につながると同時に、呼吸が深くなるので酸素を多く取り込むことにもなるのです。

  • 3.寝返りがしやすい、適度なやわらかさ

    人は一晩で平均20~30回寝返りをうつと言われています。それは、身体にとって必要なことであって、長時間、同じ姿勢で寝ていると血液の循環が悪くなり、痛みなどの原因になります。
    マットレスは、柔らかすぎず硬すぎず、寝返りがうちやすいものを選ぶべきです。

オーダーメイドでつくる
理想的な寝姿勢

  • 体型は人それぞれ。だから、寝具を身体に合わせる。

    体型は人それぞれ。
    だから、寝具を身体に合わせる。

    西川リビングは、長年にわたって何万人もの方の体型を調査。その結果、体型は大きく6種類のパターンに分類されることが分かってきました。しかも、身体のカーブのラインは人それぞれに少しずつ異なり、必要な枕の高さや敷き寝具のバランスもお一人おひとりによって異なります。
    全身の体型を側面と背面から測定し、体型に合わせた寝具をお使いいただくことで、仰向き寝、横向き寝どちらでも理想的な寝姿勢をつくることができるという結論に達しました。