HOME > ラインナップ > オリジナル掛けふとん

オリジナル掛けふとんオリジナル掛けふとん

身体ごとふんわりと包まれる、やさしい軽やかさ。あなたの寝室温度にあわせて選ぶ、2枚合わせ羽毛ふとん。西川リビングのGORE(R)羽毛ふとん【ロイヤルスター(R)】

掛けふとんの賢い使い方掛けふとんの賢い使い方

もっとも快適に眠れる「温度」へのこだわり。もっとも快適に眠れる「温度」へのこだわり。

寝室の冷気から身を守り、体温を保持してぐっすり眠るためには「おふとんの中の温度(寝床内温度)」にこだわるべき。理想的な寝床内温度は『33℃±1℃』と言われています。
FIT LABO(フィットラボ)では、一年を通して快適な温度を保てるように、オリジナルの羽毛掛けふとんをご提案します。

『33℃±1℃』を実現するために。あなたが眠る寝室の温度によって最適な羽毛ふとんをお選びください。『33℃±1℃』を実現するために。あなたが眠る寝室の温度によって最適な羽毛ふとんをお選びください。

寒い地方・湿度の高い地方・温暖な地方。
大都会の高層マンション・南向きの一戸建て・囲炉裏のある一軒家。
人が眠る環境はそれぞれ異なり、理想的な寝床内温度『33℃±1℃』を目指すためのおふとんの種類が異なります。
何を基準に羽毛ふとんを選べば、より快適に眠ることができる寝床内温度を実現することができるのか。FIT LABOは住居構造の違いが寝室の温度に大きく影響することに着目し、羽毛充填量の異なる2つの合い掛けふとんをご用意しました。

マンションか一軒家か、畳かフローリングか、窓の大きさやお部屋の向きなどを考慮して、お部屋の温度に合わせた合い掛けふとんをお選びいただけます。

季節や寝室の温度変化によって変わる、羽毛ふとんの使い方。季節や寝室の温度変化によって変わる、羽毛ふとんの使い方。

季節の温度変化が著しい日本の四季。寝室の環境も季節ごとに大きく変化します。
春秋用の合い掛けと夏用の肌掛けを組み合わせることで、温度変化に柔軟に対応し、もっとも快適に眠れる温度に近づけます。冬には2枚を合わせることでボリュームがアップし、空気層ができるため、さらに暖かく快適です。
また、収納面でもコンパクトに収まるため、オフシーズンの収納も便利です。

春・秋:合い掛けふとん。 夏:肌掛けふとん。 冬:合い掛けふとん+肌掛けふとん。 2枚重ねることでボリュームアップ、暖かい空気層ができる春・秋:合い掛けふとん。 夏:肌掛けふとん。 冬:合い掛けふとん+肌掛けふとん。 2枚重ねることでボリュームアップ、暖かい空気層ができる

年間通して安定供給できる産地から、羽毛本来の「ぬくもり」をお届けします。年間通して安定供給できる産地から、羽毛本来の「ぬくもり」をお届けします。

フィットラボオリジナル掛けふとんで使用する羽毛原料は、厳選された産地からダウンパワー410cm²/gの品質が保障されたものを使用。高い品質だからこそ実感できる羽毛本来の「ぬくもり」をお届けします。

ふとんの中の羽毛のふくらみを1g当りの体積(cm³/g)で示した数値。

身体にフィットする、サイズ展開。身体にフィットする、サイズ展開。

【一人用】SL:210cm(L)、または230cm(L)。 SDL:210cm(L)、または230cm(L)【二人用】DL:210cm(L)、または230cm(L)。 QL:210cm(L)、または230cm(L)※230cm丈は、受注生産でご提供します。

シングル(SL)サイズとダブル(DL)サイズを基本として、セミダブル(SDL)、クイーン(QL)、それぞれの230cm丈を受注生産にてご提供いたします。身長や体型、おやすみのスタイルに合わせてお選びください。

メインコンテンツに戻る

Copyright © NISHIKAWA LIVING Inc. All Rights Reserved.