快眠コラム

オーダーメイド枕の素材について

オーダーメイド枕は、自分の身体の部位を測定して、そのデータに合わせてピッタリの枕を作ることができます。
作る上で重要なのは高さや、身体への負担が軽減できるかどうかですが、合わせて重要な要素になるのが「素材」です。
枕の中身の素材がどんな感触かによって、実際の寝心地や、快眠に直結します。
基本的には柔らかめ、硬めなど、お好みで選んでしまって構いませんが、実際にはたくさんの種類があり、どんな素材が良いのか迷ってしまうかもしれません。
今回はいくつかの素材についてピックアップします。
実際に購入、オーダーメイド枕を選ぶ際に役立ててください。

【 わた 
柔らかめ素材になります。
天然のわたは、吸湿性が高く、ふわふわした感触で弾力性もありますが、その反面耐久性はあまり高くなく、ホコリが出やすいので、アレルギーをお持ちの方にはあまり向きません。
一方で、ポリエステルなどの合成繊維のわたは繊維が丈夫で切れにくく、ホコリも発生しにくく、耐久性も高いです。
洗濯することもできて衛生的に使用することができます。
ふんわりとした感触で、柔らかい枕をお好みの方にはおすすめです。

【 パイプ 】
プラスチックのストローを短く切ったような素材で、通気性が非常によく、ホコリも溜まりにくくて、害虫が発生することも無いので衛生的です。
洗濯することも可能で、清潔に保つことができ、樹脂でできているので、天然の素材などと比べて耐久性が高いです。
樹脂製なので、吸湿性はあまり良くなく、使用する際には綿等の吸湿性の高い素材の枕カバーを併用すると良いでしょう。

FITLABOでは、お客様の好みに合わせて、柔らかめから硬めまで、中材をお選びいただけるようにご用意しております。
種類としては、ポリエステルの粒わた、パイプ素材のオーダーメイド枕を取り扱っていますが、パイプについては柔らかいパイプ、硬めのパイプを複数取り揃えています。
長く使用するうちに、中材を交換する必要性が出てきますが、FITLABOではお使いいただいているオーダーメイド枕をご購入から10年間、メンテナンスや中材の補充などの高さ調整も承ります。
まずはご相談から、お気軽にお問い合わせ、ご来店ください。