快眠コラム

オーダーメイド枕と普通の枕の違い

オーダーメイド枕は、自分の身体の各部位を測定し、その測定結果に合わせて作る枕なので、既製品の市販枕とは大きく異なります。

市販の枕を購入した結果、身体に合わず、よく眠れない、肩がこる、首や腰が痛い、等、様々なご相談をいただきます。

寝るときの理想的な姿勢は、立った状態の姿勢をそのまま横にした姿勢になります。
オーダーメイド枕を作るときには、立った状態での姿勢を各部位測定し、後頭部や首の形に合わせて、一人ひとりに合わせた形に作ります。
寝返りを打つことを想定して、横向きになったときのために、側頭部や肩の形に合わせて、枕の高さや計上を調整します。

市販の枕は、身体に合わせた調整などは行わずに作られています。
選び方を間違えると、身体に負担をかけてしまったり、不眠症を招く原因になったりします。
枕を使うのに必要な条件として、仰向け、横向けどちらにも対応できる高さで、寝返りしても頭が落ちない大きさが必要です。
市販の枕では高さの調整が難しく、自分に合った枕を探して購入するのは時間がかかり、失敗も多いです。
オーダーメイド枕であれば、身体に合わせて高さの調整が可能で、市販の枕を使っていた頃のお悩みを解消できる可能性があります。
一度、オーダーメイド枕をお使いいただくと、睡眠の質が改善され、首や肩の緊張もほぐれ、市販の枕との違いを体感できると思います。
市販の枕が身体に合わずに何度も買いかえたり、どうしても身体に合う枕が見つからないのであれば、オーダーメイド枕の作成をおすすめします。

FITOLABOでは、眠りの質を高めるために、長年の経験を持つ快眠マイスターが、お客様お一人おひとりに合わせてカウンセリング、フィッティングを行い、身体に合わせた枕を作成しています。 まずはお気軽にご相談から、お気軽にお問い合わせ、ご来店ください。